キャップアートお楽しみに!

 御坊日高博覧会の高校生メンバーでつくる高校生おんぱく部(山下千春部長)は、27日に本町商店街で開催される「ごぼう商工祭2018」でキャップアートに挑戦する。当日は多くの人に手伝ってもらって完成させたい考えで、「一緒にアートをつくりましょう」とPRしている。

 商工祭が始まる午前11時からキャップアートの製作もスタートする。場所はキハがシンボルの「ほんまち広場603」。部員が考えたハロウィンにちなんだ絵をペットボトルのキャップで表現する。キャップアート専用の土台を用意しており、本番へ向けて部員たちは土台をつなぎ合わせる作業など準備を進めている。

 キャップは8色、合計1568個あり、土台にはめ込んでいく。来年春ごろにはフラワーアートのギネス記録に挑戦する企画も進行中で、今回はプレイベントと位置付けている。一緒にキャップを取り付けてくれた人にはハロウィンにちなんで菓子をプレゼントする。山下部長は「誰でもできます。夕方5時ごろには展示できるようにしたいです。子どもからお年寄りまで、多くの人に協力してもらい、一つの作品をみんなの力で完成させたいです」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る