11月の知事選 畑中氏が出馬表明

 11月8日告示、同25日投開票の知事選に向け、4年前の前回も出馬した市民オンブズマンわかやま事務局長畑中正好氏(66)=田辺市天神崎=が8日、立候補の意向を表明した。

 畑中氏は前回、共産党県委員会や女性団体などで構成する「ゆたかで住みよい和歌山県をつくる会」が擁立するかたちで立候補。3選を目指した現職仁坂吉伸氏と一騎打ちの戦いとなり、敗れた。

 同会とは8日に政策協定を結び、記者会見では現職の仁坂氏(67)=和歌山市東高松=が賛成・推進するカジノの解禁・誘致に反対する考えなどを示し、「IR誘致反対を公約に出馬する候補者が必要と考えていた。県民の懐からお金を巻き上げるIRは絶対につくらせてはならない」などと話した。選挙では共産党の推薦を受け、無所属で出馬する。

 一方、先に立候補を表明していた元参議院議員大江康弘氏(64)は7日、出馬を断念することをマスコミに伝えた。

写真=畑中氏

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る