JAの男性講座で藍染体験

 JA紀州(芝光洋組合長)の男性講座「粋」くらし道場は26日、田辺市龍神村小家の藍染計良(あいぞめけいら)で藍染体験を行い、8人が参加した。

 江戸時代から続く伝統的な「天然藍あく発酵建て」という方法で、発酵させた「たで藍」の葉、木炭に湯を入れた上澄み液、日本酒などを混ぜ発酵させた液などを混ぜて使用する。

 模様になるよう輪ゴムやビー玉、木片や竹を縛ったり折りたたんで挟んだりした白いTシャツを藍が入りやすいように一度湯に漬けたあと、藍のかめに入れ、揉み込み、湯ですすぐ。好みの濃さになるまでこの工程を繰り返し、個性豊かに仕上げていった。

 長岡均さんは「やったことがないことだったので新しい世界の入り口を見たよう。自分で染めたものを着られるのがうれしいです」と話していた。藍染体験のあとは、地元の食材を中心に扱う「食品加工・販売CONSERVA」でイタリアンランチも楽しんだ。

写真=白いTシャツを藍の液につけ揉み込む

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る