西山蒲鉾店 地紙蒲鉾の注文開始

 祭りシーズン到来です。西山蒲鉾店では、祭りに彩りを添える「地紙(紅白色で切り口が扇形)蒲鉾」の注文販売を実施しています。

 同店の地紙蒲鉾は、なんば焼に使用するすり身を扇形に成型し、丁寧に蒸し上げた蒲鉾です。老若男女問わず人気で、和歌山県内の地域によっては、お祭りや祝い事に欠かすことのできない商品です。

 同店イチオシのなんば焼は、切り口に光沢があり、身は白く、弾力があり、まろやかな味が格別です。また、なんば焼の姉妹品としても人気があるごぼう巻は、やわらかく煮込んだごぼうと魚のすり身、そして魚の皮で巻き、同店秘伝のタレに浸して丁寧に焼き上げたもので、歯ごたえとしょう油の香ばしさがたまりません。

 「いつも当店をご利用いただき、ありがとうございます。地紙蒲鉾は季節限定商品です。この機会にぜひ、ご堪能ください。また、ご予算に応じて詰め合わせも承っております。皆さまのご来店をスタッフ一同、心よりお待ちいたしております」。

写真=祭りシーズンに欠かせない蒲鉾

関連記事

2018学童野球秋季大会決勝と閉会式

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る