県高校野球新人戦 南部がベスト4進出

 県下高校野球新人戦は2日、紀三井寺公園野球場で準々決勝4試合があり、本紙エリア勢は南部が田辺工を7回コールド、10―3で下して4強入り。秋季近畿地区大会の県2次予選進出を決めた。南部は主砲の一発を皮切りに猛打が爆発。南部龍神は智弁和歌山に5―6、和歌山南陵は和歌山東に9―11で惜敗し、ほか地元4校とともに8日開幕の1次予選で巻き返しを狙う。

田辺工
0101001  3
2232001 10
南部
(7回コールド)

 南部は初回2死三塁から主砲・尾田が左中間へ千金のアーチをかけると、2回に5四死球で2点、3回に奈良、安井、小竹の適時打で3点を加え、なおも4回、鎌倉航太、周家、鎌倉海斗の3連打で2点を追加。7回は2死三塁から安井が左前に適時打を放って試合を決めた。先発全員となる12安打の猛攻で圧倒し、序盤から大量の援護を受けた先発・鎌倉海斗は6回を投げて7安打2失点。7回は2番手・尾田が3安打1失点に抑えた。

南部龍神
210010100 5
11013000☓ 6
智弁和歌山
 

 南部龍神は初回、先頭の中嶋が右越えに三塁打し、続く川の右前適時打で先制すると、なおも2死三塁で小川が左前適時打。2回にも敵失で1点を加え、同点の5回には中岸、小倉、小川、川口の4連打で1点を勝ち越した。2点を追う7回、2死から大川、藤田の連続二塁打で1点を返したが、反撃もここまで。相手の10本を上回る17安打も実らなかった。投げては小川が粘りの投球。強豪打線相手に9回を1人で投げ抜いた。

和歌山東
100305011 11
013014000  9
和歌山南陵

 和歌山南陵は2回に中西の適時打で追いつき、3回無死から適時失策のあと、山元が左翼場外へ特大2ラン。同点で迎えた5回2死、山本が左中間へ2打席連続の本塁打をたたき込んだ。4点を追う6回に北村の左前適時打で1点、小角の右翼線三塁打で2点を返し、山口のスクイズで再び試合を振り出しに戻したが、以降は無得点。投手陣は先発・内海、2番手・才名園が計18安打を浴び、3番手・岩谷は9回1死二塁から好救援を見せた。

 この日のもう1試合は箕島が橋本を5―2で退けた。

写真=南部初回2死三塁、尾田が左中間へ先制2ラン

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る