梅ラボキャラのラインスタンプ発売

 東京にみなべ町商工会が出店しているアンテナショップ「わかやま紀州館みなべ下北沢ベース ミューム・梅ラボ」を運営する田辺市の㈱ホワイトスペースは、通信アプリLINE(ライン)スタンプを作製した。梅ラボのマスコットキャラクターが3人登場し、「ええわらよ」などと方言を入れた16種類。ホワイトスペースは「スタンプを通じて広くみなべをPRしたい」と話している。

 キャラクターは「うめじ」「こうめこ」「男山さん」の3人。「うめじ」はみなべ町出身で、2Lサイズの梅干し。口癖は唐突に紀南地方の方言「ほいてよ(それでね)」と言い出すこと。「こうめこ(複数)」もみなべ町出身。小梅Mサイズの梅干しで、口癖は「かまんよ~(大丈夫だよ~)」と寛容の精神の持ち主。「男山さん」は身にまとっているご飯はアクセサリーで、実体は南紀男山焼のお茶碗部分。「うめじ」「こうめこ」の兄貴分的存在。スタンプにはそれぞれのキャラクターが使われ、「食べよしよ~」「なっとうすら?」「いこらよ~」などという方言が入っている。LINEストアで販売されており、16種類セットで120円。関係者は「広くスタンプを使用してもらい、梅や産地に興味を持ってほしい」と話している。

 わかやま紀州館みなべ下北沢ベースミューム梅ラボは2017年6月24日に国の補助金を活用してオープン。県が東京・有楽町に開設しているアンテナショップ「わかやま紀州館」の姉妹店。小田急線・京王井の頭線の下北沢駅北口を出て、徒歩2分ほどの商店街にあり、特産の梅をはじめとした地場産品の販売、みなべ町や日高地方の情報発信拠点となっている。

写真=作製したラインスタンプの16種類

関連記事

フォトニュース

  1. ますます好きになりました

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. mihamaこもれびマルシェ

    4月 21 @ 11:00 AM - 3:00 PM
  3. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  4. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る