梅ラボキャラのラインスタンプ発売

 東京にみなべ町商工会が出店しているアンテナショップ「わかやま紀州館みなべ下北沢ベース ミューム・梅ラボ」を運営する田辺市の㈱ホワイトスペースは、通信アプリLINE(ライン)スタンプを作製した。梅ラボのマスコットキャラクターが3人登場し、「ええわらよ」などと方言を入れた16種類。ホワイトスペースは「スタンプを通じて広くみなべをPRしたい」と話している。

 キャラクターは「うめじ」「こうめこ」「男山さん」の3人。「うめじ」はみなべ町出身で、2Lサイズの梅干し。口癖は唐突に紀南地方の方言「ほいてよ(それでね)」と言い出すこと。「こうめこ(複数)」もみなべ町出身。小梅Mサイズの梅干しで、口癖は「かまんよ~(大丈夫だよ~)」と寛容の精神の持ち主。「男山さん」は身にまとっているご飯はアクセサリーで、実体は南紀男山焼のお茶碗部分。「うめじ」「こうめこ」の兄貴分的存在。スタンプにはそれぞれのキャラクターが使われ、「食べよしよ~」「なっとうすら?」「いこらよ~」などという方言が入っている。LINEストアで販売されており、16種類セットで120円。関係者は「広くスタンプを使用してもらい、梅や産地に興味を持ってほしい」と話している。

 わかやま紀州館みなべ下北沢ベースミューム梅ラボは2017年6月24日に国の補助金を活用してオープン。県が東京・有楽町に開設しているアンテナショップ「わかやま紀州館」の姉妹店。小田急線・京王井の頭線の下北沢駅北口を出て、徒歩2分ほどの商店街にあり、特産の梅をはじめとした地場産品の販売、みなべ町や日高地方の情報発信拠点となっている。

写真=作製したラインスタンプの16種類

関連記事

フォトニュース

  1. みんなサッカー大好きです!

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る