日高川町がねんりんピック実施本部設置

 日高川町は、来年11月に和歌山県を会場に開かれる「第32回全国健康福祉祭和歌山大会ねんりんピック紀の国わかやま2019」に向け3日、役場職員で組織する実施本部を立ち上げた。

 久留米啓史町長を部長に職員64人がメンバー。総括や広報、おもてなし、交通など各課長らを班長とする7班で構成。2015年のわかやま国体時にも同様の組織を立ち上げており、今回は新たに健康づくり教室などを開催する保健・医療救護班を加えた。当面はことし10月27日に和佐の南山競技場で開くリハーサル大会に向け取り組んでいく。久留米本部長は「しっかりリハーサルをこなし、来年、全国から来る選手の皆さまをお迎えしましょう」と呼びかけた。

写真=第1回会議を開く実施本部

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る