みなべの丹河地蔵堂のイチョウ 塩害で枯れる

 台風21号による塩害で、みなべ町北道地内にある県指定文化財の丹河(たんが)地蔵堂のイチョウの木の葉が枯れたことが分かった。

 海水を含んだ強風が内陸部まで吹き、山間部の梅の木の葉も被害を受けた。このイチョウは海岸から300~400㍍の位置にあり、塩を含んだ風がまともに当たったとみられる。住民らは「毎年初冬にはきれいに黄葉していたが、ことしは見られそうにない」と残念そうに話している。

 同地蔵堂のイチョウは1974年に県の文化財に指定。樹齢約300年とされ、幹周は胸の高さで4・3㍍、根回りは7㍍。樹勢は衰えず、毎年たくさんのギンナンをつけている。

写真=葉が枯れた県指定文化財のイチョウ

関連記事

フォトニュース

  1. ストライ~クッ!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る