由良町大引でダイビングの男性死亡

 由良町大引の海で1日昼、スキューバダイビングをしていた25歳の男性が溺れ、死亡した。

 御坊署や日高広域消防によると、亡くなったのは兵庫県西宮市の男性会社員。現場は白崎海洋公園の海岸から約200㍍の沖合で、男性は午後1時ごろから友人男性とともに2人でダイビングをしていたが、男性が水中に潜り、そのまま沈んでいくのに友人が気付いた。

 友人は海中で男性を捜し、海岸まで連れて泳いで救助。近くにいた人が同54分に「男性が溺れた。海岸で心肺蘇生を行っている」と119番通報し、男性は意識不明の状態で御坊市内の病院に救急搬送されたが、約8時間後に死亡が確認された。

 御坊署は友人から詳しい事情を聞き、事故当時の状況や原因を調べている。日高広域消防管内ことしの水難事故は2件目、初めての犠牲者となった。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る