和歌山市のギャラリーで川邉さん個展

 日高川町和佐出身、静岡県浜松市在住の現代美術作家、川邉耕一さん(54)の個展「Floating―種々のかたらいⅢ―」が、26日まで和歌山市十二番丁の「Msギャラリー12番丁」で開かれている。

 川邉さんは、九州産業大学芸術学部美術学科卒業、筑波大学大学院修士課程芸術研究科美術専攻を修了し、ドイツの国立カールスルーエ美術大学に留学。文化庁の在外研修員としてアメリカに派遣された経験もある。県内での個展は10年ぶりとなる。

 16年ほど前から「フローティング(浮遊)」をテーマに制作。今回も浮遊感を表現した作品など、この5年間の作品を中心に16点を展示している。川邉さんは「日常目にする何気ないもののなかにある美しさを発見したい、それを皆様に提示することができればと考えています」と話している。

 展示時間は午前11時から午後7時まで(最終日は5時まで)。問い合わせは同ギャラリー℡073―431―8255。

写真=浮遊感を表現した作品とともに川邉さん

関連記事

フォトニュース

  1. みんなサッカー大好きです!

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る