利用者の安全を確保して

社会福祉法人博愛会(小林隆弘理事長)は6日、御坊市の老人保健施設リバティ博愛で消防訓練を行い、職員らが火災に備えて避難誘導や初期消火を実践した。

御坊市消防職員が立ち合い、1階厨房から火が出たと想定。火災を知らせる非常ベルが鳴り響くなか、利用者の安全を確保し、避難させた。歩行困難な避難者役を救護担架で下ろすなど連携して本番さながらにキビキビ行動。避難のあと、消火栓や消火器の使い方を確認し、市消防予防課の職員は「いざというときに対応できるように、これからも基本訓練を続けてほしい」と呼びかけていた。

写真=救護担架で利用者役を運ぶ職員

関連記事

フォトニュース

  1. 昭和に包まれてインスタ映え

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る