利用者の安全を確保して

社会福祉法人博愛会(小林隆弘理事長)は6日、御坊市の老人保健施設リバティ博愛で消防訓練を行い、職員らが火災に備えて避難誘導や初期消火を実践した。

御坊市消防職員が立ち合い、1階厨房から火が出たと想定。火災を知らせる非常ベルが鳴り響くなか、利用者の安全を確保し、避難させた。歩行困難な避難者役を救護担架で下ろすなど連携して本番さながらにキビキビ行動。避難のあと、消火栓や消火器の使い方を確認し、市消防予防課の職員は「いざというときに対応できるように、これからも基本訓練を続けてほしい」と呼びかけていた。

写真=救護担架で利用者役を運ぶ職員

関連記事

フォトニュース

  1. 藤娘がお出迎え

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM
  5. 鹿島神社明神祭

    5月 3 @ 10:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る