中学生相撲 井ノ上選手が初優勝

 公益財団法人日本相撲連盟の第29回全国都道府県中学生相撲選手権大会が5日に東京の両国国技館で開かれ、個人軽量級で県代表として出場した野口小学校出身で箕島中3年の井ノ上豪志選手が見事初優勝を飾った。井ノ上選手は持ち前の多彩な技を繰り出し、強豪を次々と撃破。決勝では沖縄の選手を蹴返しで下し、自身初の全国制覇を達成した。

 軽量級は75㌔以下が対象で47都道府県予選を勝ち抜いた47人が参加し、トーナメントで争った。

 井ノ上選手は1、2、3回戦を押し倒しなどで突破してベスト8入りすると、準々決勝は鹿児島の選手を送り倒し、準決勝は福岡の選手を下手投げで土をつけて決勝に進出。優勝をかけた大一番は沖縄の選手との取組となり、相手の足を払って倒す蹴返しで勝利。表彰式では賞状や金メダル、優勝トロフィーを手にした。団体戦にも出場し、予選3試合のうち2勝を挙げるなど活躍したが、チームの予選突破はならなかった。

 井ノ上選手は身長165㌢、体重72㌔。力と技を兼ね備えた力士で、県予選では軽量級を制したほか、重量級でも準優勝。先月行われた中学生相撲大会県予選個人戦では130㌔ほどある相手に勝利するなど充実した内容で優勝し、今月18・19日に山口県で開かれる全国大会出場を決め、いい仕上がりで今大会に臨んでいた。全国制覇は自身初で、山口県での全国大会に弾みをつけた。井ノ上選手は「優勝できてうれしかったけど、団体戦は負けたので悔しかったです」と話している。

写真=全国大会で初優勝を飾った井ノ上選手

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る