三菱地所 白浜でワーケーション事業に参画

 仕事(ワーク)と休暇(バケーション)を組み合わせた働き方「ワーケーション」の推進へ、不動産大手の三菱地所が和歌山県、白浜町と手を組み、新たな事業に乗り出した。同町が整備したITビジネスオフィスを活用し、年内にも自社が管理する都会のビルのテナント企業に貸し出しを開始する予定。今月8日には東京都内で進出協定の調印式が行われた。

 ワーケーションは、インターネットなどを活用して遠隔勤務休暇を兼ねて仕事をする新たな働き方。日本航空など制度として導入する企業もあり、和歌山県は地域活性化の新政策として、2015年からワーケーションに取り組む企業の誘致を進めてきた。

 白浜町が整備した「南紀白浜ワーケーションオフィス(仮称)」は、南紀白浜空港から車で3分、南紀白浜ICから10分という場所にあり、利用形態は▽開発+ハッカソン(ソフトウェア開発分野のプログラマーやグラフィックデザイナーが集中的に作業をするイベント)合宿型▽開発合宿+研修型▽研修+モバイルワーク型▽有給消化型――の4つを想定。年内をめどに利用できる環境を整備する予定で、首都圏の同社のビルに入居している企業へ利用を促す。

 調印式で三菱地所の吉田淳一執行役社長は「新事業をワーケーションに最適な白浜でできることは大きなメリット」、井澗誠白浜町長は「ワーケーションを推進し、最適な場所であることをアピールしたい」とし、仁坂吉伸知事は「事業の拡大を願うとともに、白浜町でワーケーションが普及することを期待している」と述べた。

写真=進出協定調印後、左から仁坂知事、三菱地所の吉田執行役社長、井澗町長

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る