けっこう穴場感あります

 美浜町は、煙樹海岸キャンプ場(和田)の夏期利用状況を発表した。序盤と最終日は悪天候に見舞われたが、利用者数は前年度420人とほぼ同じ414人だった。

 オープン期間は7月30日から8月15日までの17日間。当初、7月28日にオープン予定だったが、台風のため2日延期した。利用が一番多かったのは「山の日」の11日で149人。2番目は12日で94人、3番目は13日で76人となった。地域別には大阪、兵庫からの利用者が多く、遠方では宮城、東京、栃木、神奈川、埼玉、山梨なども。国外ではオランダから訪れた人もいた。

 役場産業建設課は「猛暑の影響で利用者が減るということもありませんでした。親子連れが中心の利用者からは『穴場感がある』『静かにゆったりと過ごせる』などの声が聞かれ、リピーターの方も結構いました」と今期の状況について話し、オープンから先着70組に町の特産品をプレゼントするサービスも喜ばれたとしている。

 本年度の春期、夏期合計利用者は1778人。集計が残る2011年以降では過去最高を記録した。

写真=にぎわうキャンプ場(8月11日)

関連記事

フォトニュース

  1. あ~ん、もう、モロコ~!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る