いっせ~の~で!

 美浜町の県立みはま支援学校(松下光嗣校長)の平成30年度ボランティア教室第2回が6日に行われ、16人が参加し、介助について学んだ。

 講師は同校理学療法士の湯川庄悟さん。初めに介助するために必要な準備や心得などの講義があった。介助の実技では練習用の人形を使ってリフティング(被介助者を持ち上げる動き)やトランスファー(被介助者を水平に移動)をしたり、車椅子に乗ったり押したりして傾斜の上り降りなどを行った。参加した日高看護専門学校に通う倉本遼さん(20)は「恐怖心や目線の違いなど、介助者と被介助者の認識の違いがよく分かった」と介助スキルを高めていた。

 同教室は次回21日に、同校重度重複障害児クラス登校生の授業の見学や実習などを行う。

写真=介助人形を持ち上げ移動

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、けっこう汚れてますね

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る