いっせ~の~で!

 美浜町の県立みはま支援学校(松下光嗣校長)の平成30年度ボランティア教室第2回が6日に行われ、16人が参加し、介助について学んだ。

 講師は同校理学療法士の湯川庄悟さん。初めに介助するために必要な準備や心得などの講義があった。介助の実技では練習用の人形を使ってリフティング(被介助者を持ち上げる動き)やトランスファー(被介助者を水平に移動)をしたり、車椅子に乗ったり押したりして傾斜の上り降りなどを行った。参加した日高看護専門学校に通う倉本遼さん(20)は「恐怖心や目線の違いなど、介助者と被介助者の認識の違いがよく分かった」と介助スキルを高めていた。

 同教室は次回21日に、同校重度重複障害児クラス登校生の授業の見学や実習などを行う。

写真=介助人形を持ち上げ移動

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る