IR整備法成立 仁坂知事は歓迎

 カジノ解禁を含む統合型リゾート施設区域(IR)整備法が20日、参院本会議で自民、公明、日本維新の会などの賛成多数により可決、成立した。

 これを受け、県として和歌山市(マリーナシティ)へのIR誘致を推進している仁坂吉伸知事は、「IRの導入は投資を呼び込み、日本経済の成長と地域の活性化に有効な方策であり、法案成立は誘致を目指す自治体の長として歓迎する。和歌山県にとって、IRの持つ雇用創出や経済成長、それに伴う人口減少抑制などの効果は大変有益。今後、区域整備計画の作成に向けて努力したい」とコメントを出した。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る