高校軟式野球県大会 南部が優勝

 第63回全国高校軟式野球選手権県大会の決勝が23日に上富田町の上富田スポーツセンター野球場で行われ、南部が向陽を3ー1で下して2年連続12回目の優勝を飾った。8月3日から京都府宇治市で開かれる近畿大会に県代表として出場する。決勝では初回に1点を先制されたが、攻守ともに安定した力を発揮し、逆転で勝利を呼び込んだ。

 大会では県内5校がトーナメントで対戦。南部は準決勝で新宮を8―0で下して決勝へ進んだ。

 初回に2死から3連続被安打で1点を先制されたが、3回に反撃。四球などで2死一、三塁の好機をつくると、大谷の左翼前適時打で1点を入れて同点。7回には宮本が左翼前安打で出塁し、山本、龍神の連続犠打で2死三塁とし、磯本の左翼越適時2塁打で1点を入れて勝ち越した。9回にも相手の失策で1点を加点してリードを2点に広げた。守っても先発した宮本が8安打を許しながらも要所を締め、2回以降は無得点に抑えた。内外野も好プレーで盛り上げ、堅実な守りも光った。池田監督は「練習で取り組んできたことが攻守でできた。近畿では1戦必勝という気持ちで戦っていきたい」と意気込んでいる。

 近畿大会には和歌山、滋賀、京都、奈良の4府県から各代表の4チームが出場する。優勝校は24日から兵庫県で開幕する全国大会(16チーム)に出場する。メンバーは次の皆さん。

 出口豊高(責任者)、池田哲也(監督)、保田未来(マネジャー)、小川菜緒(同)、磯本夢翔(主将)、谷村柊雅、龍神温斗、片山承、坂口風雅、大谷晟寿、濵中海渡、浦本幸生、宮本楓基、坂本隆飛、山本真生、岩本大輝、小山由基、貫尾壮汰、山根啓登、坂内佑磨、中川祥吾

写真=優勝の南部高校ナイン

関連記事

フォトニュース

  1. でっかく育ってね

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る