自分の運転を過信せず慎重に

 交通事故は年々減少傾向にあるそうだ。警察庁のまとめによると、昨年1年間の全国の交通事故死者数は3694人で、統計が残る1948年以降で最少となった。最多だった70年の1万6765人と比べ、5分の1程度に減少した。安全意識の高まり、自動車の安全性能の向上、危険な道路の改善などが要因とみられる。半面、65歳以上の高齢者が占める割合は年々増加傾向にあり、昨年では2020人で54・7%となった。

 高齢者の自動車運転が、全国的に社会問題となっている。アクセルとブレーキの踏み間違い、高速道路の逆走などによる事故も起こった。視覚、聴力、判断力、反射神経など老化に伴う運動機能が低下が大きな要因。当たり前の話だが、高齢者だから事故を起こしても許されるということはなく、事故の被害者にとっては大きな悲しみとなるのは何ら変わらない。

 こうしたなか、高齢者の運転免許証の自主返納が進んでいる。筆者が担当しているみなべ町も本年度から自主返納者に対する支援事業を施行し、支援策としてコミバスやタクシーなどの乗車券と地元のスタンプ協同組合加盟店で使用できる買い物券の計2万円分を支給している。これまでに19人(男性6人、女性13人)が申請。「運転が不安になったので」などと申し出ているという。

 11日からは「わかやま夏の交通安全運動」も始まった。期間は20日までの10日間。交通事故は、被害者になっても加害者になってもつらい思いをする。高齢者も若者も自分の運転を過信せずハンドルを握ることが大切だ。不注意で人を傷つけたり死なせたりする可能性がある車を運転していることを、十分に自覚しなければならない。(雄)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る