美浜で和歌山ダルクの池谷さん講演

 美浜町の青少年非行防止研修会が14日に福祉センターで開かれた。一般社団法人和歌山ダルクの池谷太輔さんが「和歌山ダルクの取り組みについて~回復支援を中心に~」をテーマに語り、薬物依存から復帰した自身の体験談を通じて薬物の恐ろしさと、必要な支援で社会復帰できることを訴えた。

 ダルクは薬物やアルコール、ギャンブルなどの依存症者の支援を行っている。池谷さんは幼いころ父親から暴力を受け、14歳から20年間薬物をやめられなかったこと、34歳で「助けて下さい」とダルクに入り、回復プログラムを実践してから依存がなくなったことを説明。暴走族に入っていた中学時代等も振り返り、「人の心の中心には両親らから受けた愛があり、愛に基づいた考えや行動をする。私のように子どものころから暴力やいじめを受けると、心の中心にできた人への恨みや恐れに基づいた行動をしてしまう。解決方法が分からず、すぐに暴力を振るい、孤立し、薬物やアルコールに依存してしまう」と指摘。

 ダルクの回復プログラムで、人のせいにしていた自分から、「自分の内面に問題がある」と意識を変えられたことで、人に思いやりを持てるようになったとし、「なんでやねんと思うこともあるが、よくなれることを証明できたと思う。あきらめずやればできる」と話すと、集まった約100人から大きな拍手が起こった。

写真=自身の体験談を披露する池谷さん

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る