社会福祉法人敬愛会が奨学金制度創設

 日高川町船津の特別養護老人ホーム白寿苑を運営する社会福祉法人敬愛会(岡本恒男理事長)は介護職員不足の解消に向け、全国的にも先進的な奨学金制度を創設。9月30日まで申請を受け付けている。

 対象は社会福祉士か介護福祉士を養成する大学や短大、専門学校に入学見込みか在学中で、卒業後に敬愛会の介護職員として勤務できる人。本年度は年度途中のため在学者のみ対象。

 受給者は2人、申請多数の場合は選考。奨学金は毎月上限4万円で、修学年数に相当する期間貸与する。返還は貸与期間に1年を加えた期間、敬愛会の介護職員として勤務すれば免除される。

 同ホームでは入所などの利用希望者は増加する一方、全国的な流れ同様、介護職員の就職希望者は減少傾向。現職員の高齢化も進む中、打開策の一つとして創設した。

 岡本理事長は「当会では地域の高齢者を地域の人で支えることをモットーにしており、新たな人材の確保へぜひ制度を活用してほしい」と呼びかけている。

 来年度からは1~3月に申請受付を行う。問い合わせは同会事務局℡0738―54―0071。

写真=奨学金の活用を呼びかける岡本理事長㊨ら

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る