白崎海洋公園 3種盛りBBQセット販売

 由良町大引の白崎海洋公園では、新たにイノシシ、シカ、カモの3種盛りバーベキューセットを販売している。

 同公園を運営している㈱マレア・クリエイト(本社=東京都、鳥居敏代表取締役)がキャンプ客から「地元食材を食べたい」との声を受けて、同公園名物の「手ぶらBBQセット」の新メニューとして販売。肉の取引先は、イノシシとシカが日高川町小熊在住、「村越の村おこし」代表の村越拓也さん(28)。加工処理施設「ジビエ工房紀州美山」でさばいた肉で、「イノシシは独特の甘さが魅力。シカはあっさりしており、高タンパク、高鉄分、低カロリーです」とPR。カモ肉の仕入れ先は湯浅町在住、太田養鶏場代表の太田有紀さん(39)で、「ストレスのない環境で低密度飼育。真っ白い脂と鮮やかな赤身の肉のコントラストが美しい外観を持ち、カモ肉独特の臭みが少なく、濃厚なコクがあります」とアピールしている。

 セット料金は2人前で4320円から。同公園では「関西圏内でカモ肉を取り扱っているバーベキュー場は初めてです」と話している。

写真=ジビエを手にPRするスタッフ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る