梅の郷救助隊が岡山へ出発

 民間災害ボランティア団体の紀州梅の郷救助隊(尾﨑剛通隊長)は、14日から西日本豪雨被災地の岡山県岡山市と高梁市で復旧支援活動を始めた。隊員ら8人が家屋の泥かきなどの作業を行っている。

 13日夕方、みなべ町役場に関係者らが集まり、作業で使う高圧洗浄機やチェーンソーなどをワゴン車に積み込んで出発。隊員らのためにゆで卵やパンを提供する住民の姿もみられた。現地には、町内の農業団体で構成するアグリ5等から提供のあった梅干し約50㌔を届ける。16日まで作業を行い帰町する。尾﨑隊長は「2011年には紀伊半島水害もあった。今回の災害は他人事ではない」と話していた。同隊の出動は、昨年7月に発生した九州北部豪雨で福岡県東峰村で復旧作業を行って以来、ちょうど1年ぶり。

写真=荷物を積み込んで出発する隊員たち

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る