和高専の津田准教授にサイエンス推進賞

 子どもたちの科学への心を育み、知的好奇心の向上を目的とした日本学術振興会の事業「ひらめき☆ときめきサイエンス」を継続的に実施したとして、和歌山高専(角田範義校長)知能機械工学科の津田尚准教授(41)=御坊市在住・和歌山市出身=が「ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞」を受賞した。

 事業の目的に大きく貢献した研究者に贈られる賞で、本年度は全国で27人、同校では初の受賞。

 津田准教授は同事業を活用して公開講座「ロボットの『しくみ』で学ぶ知能機械工学」を開催。センサーなどを使ってロボットの仕組みを紹介する講座で、2012年度から17年度までに5回開き、子どもたちへのロボットに対する好奇心を高める取り組みを続けてきた。受賞に際し、今後も子どもたちの教育への意欲を見せている。

写真=賞状を手に津田准教授㊨と角田校長

関連記事

フォトニュース

  1. でっかく育ってね

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る