南部龍神もサヨナラで2回戦へ

 第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会2日目の12日は1回戦3試合が行われ、第3試合で本紙エリア勢の先陣を切って南部龍神が田辺工と対戦。9回、4番・和田の本塁打で劇的なサヨナラ勝ちを収めた。南部龍神は5安打ながら、序盤の好走塁もあって効率よく得点。3点のリードを終盤に追いつかれるも、勝ち越しを許さず粘り強さを発揮し、2年ぶりの初戦突破となった。

田辺工
0000012003
1020000014
南部龍神

 南部龍神は初回、四球の先頭・中嶋が犠打と二ゴロで三進。和田の三塁への当たりが敵失を誘い、無安打で先制点を挙げた。

 3回は走塁が光り、2点を追加。無死から川が右前にチーム初安打を放つと、中嶋の犠打の処理で一瞬の隙を突いて三塁を陥れ、続く富岡が鋭く三塁線を破った。なおも上原の打席の暴投で、富岡が一塁から一気に三塁へ進み、上原の遊ゴロの間に生還。序盤わずか2安打でリードを3点に広げた。

 4回から8回まで2安打無得点に終わったものの、同点の9回無死、ここまで無安打だった和田が甘く入った変化球をフルスイング。大会第3号となる左越えの本塁打をたたき込み、主砲の一発で試合を決めた。

 南部龍神先発・小川は初回、投直、空振り三振、三ゴロの快調な滑り出し。伸びのある直球に変化球を織り交ぜ、2回以降、毎回走者を背負うマウンドも粘りの投球を続けた。6回2死一、三塁から適時打を浴び、7回に2本の二塁打と適時失策で同点とされたが逆転を許さず、12安打3失点で完投。140球の力投を見せた。

 バックは2回1死二塁、一打同点の場面で遊撃・中嶋が三遊間へのライナー性の打球に飛びつき好捕。9回には1死一塁から捕手・和田が盗塁を阻止して自ら流れを呼び込んだ。

 南部龍神の2回戦は大会7日目の17日、第1試合(午前9時~)で和歌山南陵と激突する。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る