きもの帯 たまき オンリーワンの傘を作ろう

 いま、自分だけの傘を作るのがちょっとしたブームになっているそう。結婚式のときに作った着物や、お母さんからもらった着物・羽織など、着物・羽織には思い出がたくさん詰まっています。そんな大切な着物や羽織ですが、最近では着る機会が少なくなってタンスの中で眠ったままになっていませんか。着物は定期的なお手入れをしなければ着ることもできなくなってしまい、処分するしかないという最悪の事態を招いてしまうことも…。そうなる前に、あなただけの「傘」を作りませんか。きもの帯 たまきでは、傘作りの予約を受け付けています。

 絹はUVカット効果があり、日焼け防止効果が期待できます。紫外線カット率は、なんと90%前後もあるのだとか。傘を作る生地はあまり厚くないものが好ましく、絹は最適。ウールのような生地は厚くて重たいので、不向きだそうです。制作費用は9340円(税込)から。デザイン、大きさなどは気軽にご相談ください。いや~な雨の日も、オンリーワンの傘で楽しくお出かけしましょう♪

 「着物の素晴らしい色、ステキな柄、素材の風合いすべてを生かすことができますよ」。

写真=大切な着物を生かしませんか

関連記事

フォトニュース

  1. ストライ~クッ!

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る