「自分は大丈夫」が危険

 正常性バイアスという言葉をご存知だろうか。災害心理学などで使われる心理学用語で、自分にとって都合の悪い情報を無視したり過小評価する、ようするに自分にとって都合のいいように解釈することをいう。人間の心理は自分自身を守るために、予期せぬ出来事に対してある程度鈍感に出来ている。しかし、いざという時にはこの心理が邪魔をして、危機が迫っても「自分だけは大丈夫」と思ってしまうらしい。自分自身を考えても、どんなことに対しても「自分は大丈夫」と思っている。多くの人がそうではないだろうか。

 東日本大震災のときもいわれたが、西日本豪雨災害でもやはり同じような心理によって犠牲になった人が多かったと報道されている。「ここまで水はこないだろう」「警報が出ているのは知っていたが、大丈夫だと思った」と話す住民の声もあった。東日本大震災以降、子どもたちを中心に率先避難が盛んにいわれている。地震津波と今回のような豪雨による河川の氾濫、土砂災害は違うので一概にいえないが、避難のタイミングを逃すと命の危険にさらされる。

 災害に限らず、振り込め詐欺の被害、交通事故、熱中症、病気やけがなどなど、すぐに思い浮かぶことどれをとっても「自分は大丈夫」の心理が当てはまってしまう。テレビや新聞で「自分は大丈夫と思っている人ほど危ない」と警告されているにも関わらず、なかなか意識を変えることは難しい。もし考えが改まるとしたら、自分が実際に被害に遭ってからだろうか。それだと手遅れの場合もある。ハード対策も重要だが、この何の根拠もない自信をいかに捨てられるか、ソフト面で取り組んでいかなければならない教訓だろう。(片)

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る