心やすらぐ悠久の調べ

 御坊市藤田町北吉田地内の舞妃蓮の郷はす公園で24日夜、北吉田蓮保存会(佐竹成公会長)が主催の古典芸能の夕べが開催され、地域住民ら約200人が心やすらぐ悠久の調べに酔いしれた。
 ハス池周辺にはかがり火がたかれ、舞妃蓮が浮かび上がる幻想的な雰囲気の中、菊明会の箏曲演奏で華やかに幕開け。佐竹会長は「古典芸能を生で見てもらいたくて東屋を作った。きょうは奈良時代の再現とまではいかなくても、こんな雰囲気でやっていたのだと思い浮かべてほしい」とあいさつした。
 御坊喜長会のメンバー3人は、能の声楽にあたる謡を聴かせた。ことし初出演となった「御坊楽所和雅楽(ごぼうがくそわがらく)」は雅楽を演奏=写真=。横笛の龍笛(りゅうてき)、縦笛の篳篥(ひちりき)、複数の竹管で音を出す鳳笙(ほうしょう)などを使って東大寺開眼法要で演奏されたといわれる『陪臚(ばいろ)』、結婚式などで演奏される代表曲『越殿楽(えてんらく)』など悠久の音色を奏で、約300人の来場者はうっとりと聴き入っていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る