日高附属中学校でタブレット授業

 日高高校附属中学校(池田尚弘校長)で17日、県教育委員会やALSOK(アルソック)、和歌山大学などの産学官共同体が行っているタブレットを使ったICT(情報通信技術)教育実証実験の事前テストが行われた。
 実験は日高附属中と桐蔭中の2校の3年生が対象。来年3月末までタブレットを使った授業、コミュニケーションツールを使った生徒と教諭とのチャットやデータ送信などを行う。
 この日は和歌山大学教育学部の豊田充崇教授がタイピングやプログラミング、自身の画像などがネットへ投稿されることへの感じ方などをチェック。タブレットはキーボードがついたノートパソコンタイプで、生徒の中には慣れた様子で入力する子もいれば、一生懸命キーボードの文字を目で追いかける姿も見られた。テストは来年3月末にも行い、タイピングの入力速度の違いやネット投稿への気持ちの変化などを調べる。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る