印南でよい歯のフェスティバル

 4日から始まった「歯と口の健康週間」に合わせ、印南町公民館で9日、第21回よい歯のフェスティバルが開かれた。8020運動達成者や家族でよい歯の優秀親子、歯と口の健康週間ポスターの入賞者らの表彰が行われた。
 日高歯科医師会(柏木健生会長)と日高地方学校保健会(弓倉正啓会長)が共催。表彰式では、80歳で20本以上の自分の歯を残す「8020運動」達成者の田中祥周さん(83)ら6人のほか、家族でよい歯の最優秀・優秀親子、ポスターと標語コンクール入賞の小中学生らに賞状と記念品が贈られた。
 日高歯科医師会の柏木会長は、30年前に比べて8020運動達成者が増え、子どもの虫歯が減少しつつある半面、歯並びの悪い子どもが増えていることを指摘。「歯並びが悪いのは、歯が永久歯に生えかわるとき、あごが十分に大きくならないことが主な原因。前歯でしっかりとかみ、あごを鍛えることで歯並びがよくなり、将来の8020達成につながります」とし、体の健康と同様、歯と口の健康にも目を向けるよう呼びかけた。
 フェス終了後は、御坊市薗(松原通り)の天性寺で57回目の歯の供養式(日高歯科医師会主催)が行われた。
 県歯科医師会の中西孝紀会長、御坊保健所の土生川洋所長、学校保健会の関係者らが出席。本堂で焼香を行い、歯科医が日々の治療でやむなく抜去した歯を供養し、境内の墓地にある歯塚の前でもお勤めが行われた。

関連記事

フォトニュース

  1. 必ず投票しましょう!

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る