印南の「かきまでご飯の素」が大人気

 印南町で郷土食の普及に取り組んでいる「いなみの料理広め隊」(小田美津子代表)が開発し、売り出した「かきまでご飯の素」が品切れ状態の大好評となっている。5月3日の発売から1カ月足らずで、当初の2合用約500袋が売り切れ、小田さんらメンバーもうれしい悲鳴。8日から新たに1合用も加えて販売を再開する。
 印南町の〝お母さん〟たちが、焼きサバの身とだしを使って作った伝統の振る舞い飯の味を、そのまま詰め込んだレトルト商品。発売に合わせ、阪和自動車道上り線の印南サービスエリアで行った試食PRでも人気となっていた。以降、SAと町内外のスーパーや産品直売店合わせて6カ所で販売するなか、観光客だけでなく地域住民にも好評を得て、5月中に用意した500袋余りが完売。追加発注した。ニーズがあった1合用も試作。販売再開へ、7日に2合用500袋、1合用600袋が届けられた。
 かきまぜご飯は焼きサバ入りで、骨からとっただしを使用。町内では昔から冠婚葬祭や運動会といった大勢の人が集まるときに作られてきたという。素の商品化は2016年から県の「わがまち元気プロジェクト」で取り組んでいる「いなみの魅力発信『地産外商』プロジェクト」の一つ。郷土料理の普及に取り組んでいる「明日を考える会」のメンバーを中心に、振る舞いの機会が少なくなってきたかきまぜご飯を広めようと、いなみの料理広め隊を結成し、家庭で簡単に食べられ、多くの人に食べてもらいたいとの思いが込められている。
 素は温める必要がなく、温かいご飯に混ぜるだけ。商品名は方言で「かきまぜ」を「かきまで」にした。小田さんは「5月末ごろからは購入を待ってもらう状態でした。食べてくれた方からは『昔懐かしい味』『こんなおいしいのよう作らんのでいい』と好評いただきうれしい限り。もっと多くの方に食べてもらい、次の世代の若い人たちにも味を伝えていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ダムよりも高い?

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る