幻想的な炎の世界

日高川町の寒川地内で2日、イベント「寒川ワンダフルナイト」が行われ、4000個の竹キャンドルに火がともされた。

ホタルの復活を願って2016年から始まったイベントで、ことしで3回目。寒川邸前と寒川神社を中心に、寒川地内のいたるところに竹キャンドルを配置。寒川邸前の広場ではたくさんのキャンドルが花のような形に並べられ=写真=、炎が揺らめく幻想的な雰囲気が辺りを包み、来場者らはうっとり見入っていた。寒川神社では空中に浮かぶように見えるキャンドルもあった。

周辺では茶会や歌会などが開かれたほか、出店も並び、寒川のまちは多くの人でにぎわっていた。昼間は子ども向けイベントもあった。

関連記事

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る