幻想的な炎の世界

日高川町の寒川地内で2日、イベント「寒川ワンダフルナイト」が行われ、4000個の竹キャンドルに火がともされた。

ホタルの復活を願って2016年から始まったイベントで、ことしで3回目。寒川邸前と寒川神社を中心に、寒川地内のいたるところに竹キャンドルを配置。寒川邸前の広場ではたくさんのキャンドルが花のような形に並べられ=写真=、炎が揺らめく幻想的な雰囲気が辺りを包み、来場者らはうっとり見入っていた。寒川神社では空中に浮かぶように見えるキャンドルもあった。

周辺では茶会や歌会などが開かれたほか、出店も並び、寒川のまちは多くの人でにぎわっていた。昼間は子ども向けイベントもあった。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る