御坊でキャンピングカーのオフ会

 フェイスブックで3300人が登録している「キャンピングカー倶楽部」のオフ会が26日から27日にかけて、御坊市野口のオートキャンプ場で初めて開催され、全国各地から95台がずらりと並んだ。
 オフ会は全国各地で開いており、県内では昨年の串本町大島に次いで2回目。幹事の一人、南海フェリー㈱の船長森本秀司さん(和歌山市)が個人的に野口キャンプ場を利用して、「こんなに広い場所はなかなかない」と気に入って開催が実現した。埼玉、石川、富山、山口、北九州などからキャンピングカーが集まり、バーベキューを楽しむなどメンバー同士で交流を深めていた。森本さんは「200台は入りそうなので、これから毎年開いて、少しずつ台数を増やしていければ」と話していた。市ふれあいセンターの林守さんは「こんなにキャンピングカーが集まったのは初めてで、壮観。ぜひプライベートでも来てもらえるようになればうれしい」と期待を込めていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る