これ食べてホームラン打つっス!

 みなべ町は15日に甲子園球場で行われた阪神タイガース―横浜DeNAベイスターズ戦で、ことしも「紀州みなべ南高梅ナイター」と銘打ってPRを行った。小谷芳正町長の始球式などで特産の南高梅を多くの観客にPRした。
 13年目の取り組み。西本庄の井口富雄さん(70)と井口修一さん(70)が阪神球団の関係者と交流があったことから始まった。この日の入場者数は約4万人でほぼ満員。試合前にセレモニーが行われ、両チームに梅干しを贈呈。うめ娘の森本千智さん(谷口)が阪神の大山悠輔選手に、高田有沙さん(晩稲)がDeNAの高城俊人選手にそれぞれ手渡した。小谷町長の始球式ではDeNA先頭の神里和毅選手と〝対戦〟。ノーバウンドで捕手のミットに収まって審判から「ストライク」と大きくコールされ、観客からも歓声が上がった。
 試合前には入場ゲートで梅干し、梅の効能を説明したパンフレットなど5000セットを配った。受け取った来場者からは「みなべの梅はむちゃくちゃおいしい」「去年もプレゼントをいただき、ことしで2年連続。ラッキーでした」という声が聞かれた。試合は阪神が2―1で勝利した。
 来場者プレゼント当選者も発表され、選ばれた1組に近く梅干し、青梅、梅酒のセットを贈る。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る