日高町の水田にコウノトリ

 日高町志賀地内の水田で11日早朝、国の特別天然記念物であるコウノトリ2羽の飛来が確認された。
 志賀在住の不動産業TSK土地建物代表田坂義則さん(75)が日課の散歩をしていた時に見つけ、カメラで撮影。100㍍ほど離れていたが、300㍉の望遠レンズで鮮明にとらえた。最初はツルと思ったが、町役場に写真を確認してもらったところコウノトリと判明。本紙が問い合わせた兵庫県立コウノトリの郷公園もコウノトリに間違いないという。2羽とも体長は約1㍍。
 幸せや赤ちゃんを運ぶ鳥とされており、田坂さんは「散歩は25年間続けていますが、見るのは初めて。日高町では人口が増えていますが、コウノトリがさらに幸せを運んでくれるといいですね」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る