スポーツがより楽しく

 MBSで毎週水曜日の深夜に放送されているスポーツバラエティー番組「戦えスポーツ内閣」が面白い。元アスリートのタレント・武井壮、お笑い芸人の小杉竜一が司会。現役のトップ選手、時には超大物の元アスリートも出演する。「スポーツ・トーク・エンターテインメント」とうたうだけあって、自分がいままで興味がなかった、あまりルールも分からない競技の放送回でも楽しませてもらっている。競馬界のスーパースター・武豊ジョッキーの特集を観ようと録画してから、ファンになった。
 印象に残っているのは武ジョッキーをはじめ、日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王を達成した落合博満氏、ヨットレーサーで海洋冒険家の白石康次郎さんがスタジオに来た週だ。武ジョッキーはGⅠレース(地方等含む)100勝以上の実績があるが、一番勝ちたいレースについて問われると「次のレース」と即答。衰えない勝利への執念が、50歳近い年齢になっても現役トップレベルの活躍を見せられる原動力になっているのだろうと感じた。バットを手に打撃理論を分かりやすく解説した落合氏は上達するコツについて「練習するしかないじゃん」「何をやっても時間の無駄はない。必ず何かしら得られる」などと話し、海の上でたった1人で何十日も過ごす白石さんからは「ポジティブなときに正しい判断ができる。ネガティブのときは判断しない」と笑顔、常に前向きな思考と姿勢を持つことの大切さを訴える言葉が聞かれた。
 大記録や偉業を打ち立てた人たちの生の声には大きな〝力〟があり、元気や勇気がもらえ、生き方の参考にもなる。スポーツが何倍も楽しく観られるようにもなり、しばらく番組にはまりそうだ。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 必ず投票しましょう!

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る