美浜町三尾にヘリポート建設進む

 美浜町の三尾場外離着陸場整備工事が、着工した。大地震の際の津波などで孤立化の恐れがある同地区の防災対策として、2015年度に事業に着手。旧三尾小学校北東の山林などを造成、舗装し、ヘリコプターが離着陸できるようにする。森下誠史町長2期目の仕上げとなる本年度、公約の大きな柱「津波による犠牲者ゼロへ」の実現へ、今秋の完成を目指している。
 町防災企画課によると、旧三尾小北東の山林など約4165平方㍍を造成。造成した敷地中心付近の27×27㍍の部分はコンクリート舗装してヘリが離着陸できるようにし、周囲には芝生を張る。15年度に立地条件の検討業務を行い、16年度の実施設計、17年度の用地取得を経て、今春から造成工事に取り掛かった。
 総事業費は約5300万円。町内では16年7月に完成した和田の和歌山病院敷地内に続き2カ所目のヘリポートとなる。町の中心部から三尾地区へ通じる唯一の幹線道路、県道御坊由良線は16年7・9月と17年10月の台風でそれぞれ法面崩壊が発生、数日間の全面通行止めなどがあり、近い将来発生が予想されている大地震の際には集落の孤立化を防ぐ心強い施設となりそうだ。
 工期は9月22日まで。設計は和歌山市の日本工営㈱和歌山営業所(八木律成所長)で、施工は三尾の㈱玉井組美浜支店(中野茂信支店長)が請け負っている。

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る