鈴鹿カートレース 北山さんが新設クラスで優勝

 全国の強豪レーサーが集う鈴鹿選手権シリーズカートレースで、ことしから新設されたアバンティユースクラス(12~25歳)の第1戦が4月29日に三重県の鈴鹿サーキットで行われ、由良町里出身の北山深翠(しんすい)さん(21)=京都府在住、龍谷大学4年=が、見事優勝を飾った。学生としては最後のチャレンジとなる今シーズンのレースに大きな弾みとなりそうだ。
 全長1264㍍を誇り、世界でも屈指の高速コースとなっている鈴鹿サーキット国際南コースを舞台に行われる鈴鹿選手権は、10のクラスがあり、アバンティユースクラスには、全日本選手権に出場しているトップクラスのレーサーら10人が参戦。田辺市中辺路町のレースチーム「FARМ RACING」に所属する北山さんは公式予選、予選、決勝の3戦とも1位の完全優勝。決勝16周のトータルタイムは14分13秒197で、2位に約6秒差をつけてぶっちぎった。52秒931のファステストラップ(1周の最速タイム)もたたき出し、新設クラスの初代覇者となった。
 昨シーズンはアバンティクラス(18歳以上)に参戦し、第1戦で優勝したが、その後は振るわず、年間3位止まり。優勝を狙っていただけに悔しい結果に終わった。さらに今シーズンもアバンティクラスにエントリーしており、ことし3月、第1戦の決勝ではトップをキープしていたが、最終ラップでマシントラブルによりリタイアした。
 今回、アバンティユースには腕試しとして1戦限りのエントリー。これまでの悔しさを晴らす快走に「昨年からの悪い流れを断ち切ることができました。今後はアバンティクラス(全5戦)での参戦となりますが、これを弾みに頑張ります」と意欲。ことしは就職活動も忙しいが、「ぜひ地元の由良町で働きたいと考えています。社会人になってもレースを続けられれば」と笑顔をみせている。マシンのメカニックを担当し、親子二人三脚でレースに臨んでいる父憲昭さん(52)は、「息子はよくやってくれた。メカニックとしてカートの整備に全力を尽くしたい」と話している。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る