印南町文化協会が漁民の歴史の書籍発刊

 印南町文化協会は、江戸時代にかつお節の製造、伝授に偉業を残した印南漁民の歴史研究で、その足跡地の訪問記をまとめた書籍「かつお節発祥の地 印南浦浪漫を追う~江戸時代・印南漁民顕彰碑建立に寄せて~」を発行した。
 印南漁民史研究として2010年の土佐から枕崎、房総千倉、銚子、西伊豆を訪問。その後、2度目の房総千倉と銚子や焼津を訪ね、現地の人と交流するなかで、各地で印南漁民をたたえてくれている様子にふれ、偉大さを深く認識。地元住民にも広めようと、15年に「印南漁民三人衆顕彰碑」が建立された。
 足跡地の訪問記を「いなみ文化」誌に掲載するなか、顕彰碑建立を機に、それらをまとめ、加えて新たな訪問地や印南浦に関連した情報を織り込み、発行へ向けた取り組みをスタート。B5判206㌻の書籍が完成した。
 メインとなる「江戸時代、鰹節に命をかけた漁民達~印南浦・三人衆の浪漫と足跡を訪ねて」は坂下緋美会長が執筆。序章と第1~20章の構成で、研究成果をまとめている。巻頭には印南漁民史研究のきっかけとなった田辺市の郷土史家、小谷緑草の小説「南風」を掲載。このほか、印南町が60周年を迎えた昨年の活動の一部を紹介している。
 表紙と裏表紙には印南と土佐清水松尾、枕崎火の神、南房総千倉、西伊豆安良里、銚子犬吠埼の各海岸の写真を使用。坂下会長は「協会仲間の大きな支援、多くの皆さんの応援をいただき、発行することができました。印南の歴史文化活動の一端として気軽にご高覧いただければ幸いです」と話している。希望者には1500円で販売(数に限りあり)。問い合わせは公民館℡0738―42―1702。

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山のPRまかせてください!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る