母の日参り JA紀州が東京でPR

 亡き母の墓前を訪ねる新しい習慣「母の日参り」の普及・浸透を目指し、JAグループ和歌山をはじめ有志企業・団体でつくる「『母の日参り』パートナーシップ」は23日、東京都内で共同プレス発表会を開き、パートナー12者(6企業・6団体)がそれぞれ本年度の取り組みについてプレゼンテーションを行った。
 12者の代表が順にステージに立ち、JAグループ和歌山からはJA紀州の芝光洋専務理事がアピール。「本年は花き卸売市場、仲卸、花束加工業者やパートナーシップ関係者らの参加の下でのプレゼン実施、『なにわ花まつり』でのPR、『フラワードリーム2018』での消費者に向けた提案のほか、仏教会と連携し、浸透のため精力的に活動を進めているところ。今後もパートナーと連携して、一層の普及発展に努めたい」と力を込めた。
 パートナーシップは昨年、「母の日には亡き母に対しても『感謝の祈り』を贈る」という同記念日の新たな文化の普及へ結成。供養関連、花、和菓子、流通業界や郵政産業の12者が参画している。発表会では、初企画の手紙コンクールで選考委員長を務めた歌舞伎俳優中村獅童さんのトークセッションも開催。中村さんは、亡き母との思い出を語ったあと、コンクールの金賞受賞作を朗読した。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る