ネバネバシャキシャキ

 由良町戸津井と小引の海に群生する天然の海藻「アカモク」の水揚げが、18日からスタートした。
 アカモクは紀州日高漁業協同組合(松村德夫組合長)がおととし、県内で初めて商品化。ネバネバシャキシャキとした食感が特徴で、豊富な栄養素や美容効果がある。この日、水揚げされたのは約480㌔分で、衣奈漁港の水産加工処理施設で加工=写真=。水洗いしたり湯がいたりしたあと、専用の機械で細かく刻んでいった。シーズンは5月中旬までで、ことしの水揚げ目標は4㌧。一部は試験的に乾燥アカモクにも加工する。販売はゴールデンウイークごろからで、100㌘入り300円、500㌘入り1300円。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る