県が工業技術センターにIPラボ整備へ

 県は県内企業の成長力強化を後押しするため、本年度の新政策として県工業技術センター(和歌山市小倉)に、最先端の産業用ロボットやAI(人工知能)を導入した実証施設(IPラボ)を整備する。製品の製造や検査の工程を自動化するシステムを試験的に使ってもらい、的確な設備投資で生産性向上につなげることを目的とし、2019年度から中小企業に開放。近畿の自治体では初の取り組みとなる。
 工業技術センターは企業の技術力向上や人材育成を支援するため、3Dプリンターや3DCAD、産業用X線CTをそろえた「3Dスマートものづくりラボ」など、4つの分野で先進の機器をそろえたオープンラボを整備。今回のIPラボはこれらに続く第5弾で、製造業者や設備メーカーが産業用ロボット、IoT・AI技術を学び、製品の搬送、組み立て、検査等の作業を自動化するシステムを体験してもらう。
 導入する機器は大きく3つに分かれ、▽梱包作業の自動化等に活用できるアーム系ロボット▽AIを活用して検品等を自動化するセンサー付きカメラ▽設備の動作状況を収集、効率化させるデータ管理のIоTシステム――など。企業はこれらの機器を実際に使用してメリットを確認し、設備投資の判断に役立てることができる。
 総事業費は約1億1000万円。県産業技術政策課は「本年度中に機器の導入、施設の整備を終え、準備を経て来年5月か6月にはオープンしたい。製造業が中心になるが、県内の企業に使っていただき、自動化のための設備投資を進め、生産性の向上につなげてもらえれば」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. あ、こんなとこにもいてる!

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る