白崎海洋公園で「さけかす漬」販売中

 由良町水産加工研究協議会(山口太志会長)が開発を進めている、魚の酒かす漬けの試験販売が、大引の白崎海洋公園パークセンターでスタートした。
 商品名は「紀州ゆら さけかす漬」。紀州日高沖で水揚げされたサバを同町特産のミカン果汁やピューレ、白みそがブレンドされた酒かすに漬け込んでいる。酒かすはプレミア和歌山に認定されている有田川町の高垣酒造から仕入れ。酒かす漬けの魚は焦げやすく焼き加減が難しいこともあり、商品はあらかじめ焼いた状態で真空パックして冷凍。食べる際には湯せんするか電子レンジを使えばすぐ食べられる。
 同協議会はおととし5月に設立。酒かす漬けの開発に向けては、関係団体が試食などを繰り返し、東京での試食、販売なども行った。その結果、酒の風味やミカンの甘みがほどよく漂い、酒のつまみやご飯のおかずにぴったりの一品に仕上がっている。加工は町内の主婦らでつくるゆらつくらん会(中初美会長)が担当。販売元は紀州日高漁協。1パック600円。問い合わせは同漁協衣奈浦支所℡0738―66―0111。
 協議会の関係者は「試験販売の様子を見ながら今後の進め方を検討したい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る