さっき八朔の出荷始まる

 由良町里のJA紀州ゆら柑橘撰果場で30日から、ブランドみかん「さつき八朔(はっさく)」の出荷が始まり、生産農家が収穫作業に追われている。
 年末までに収穫するハッサクと違い、3月まで木に実らせて、さらに収穫後すぐに出荷する特産品。糖度が高く、十分な甘さに、ほどよい酸味、ハッサク独特の苦味は控えめで、もぎたてのジューシーさが味わえる。
 撰果場の担当者らによると、出荷は4月末まで。東京や大阪などの市場に送られる。ことしは昨年の天候不順で全体の量は前年より少ない約100㌧の見込み。味は「『さつき』本来の味、ジューシーさがのっている」と太鼓判を押す。
 さつき八朔を50㌃栽培する阿戸の桶田幸広さん(63)も収穫に大忙し。額に汗を光らせて作業し、「ことしは寒かったので皮が薄くいい出来。少し小ぶりですが味はよく、直売所にも並ぶので、ぜひ食べてください」と笑顔を見せている。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る