さっき八朔の出荷始まる

 由良町里のJA紀州ゆら柑橘撰果場で30日から、ブランドみかん「さつき八朔(はっさく)」の出荷が始まり、生産農家が収穫作業に追われている。
 年末までに収穫するハッサクと違い、3月まで木に実らせて、さらに収穫後すぐに出荷する特産品。糖度が高く、十分な甘さに、ほどよい酸味、ハッサク独特の苦味は控えめで、もぎたてのジューシーさが味わえる。
 撰果場の担当者らによると、出荷は4月末まで。東京や大阪などの市場に送られる。ことしは昨年の天候不順で全体の量は前年より少ない約100㌧の見込み。味は「『さつき』本来の味、ジューシーさがのっている」と太鼓判を押す。
 さつき八朔を50㌃栽培する阿戸の桶田幸広さん(63)も収穫に大忙し。額に汗を光らせて作業し、「ことしは寒かったので皮が薄くいい出来。少し小ぶりですが味はよく、直売所にも並ぶので、ぜひ食べてください」と笑顔を見せている。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る