御坊市のふるさと納税 1億円突破

 御坊市の本年度ふるさと納税額が16日、目標の1億円を突破した。年度途中からインターネットの受け付けをスタートした前年度に比べて件数は1・5倍、寄付額は一気に倍増。日高地方産にこだわった返礼品はイチゴ、フルーツセット、かんきつ類など果物に人気が集まったほか、毛皮やプレミアム人間ドックなど返礼品が充実していることが大幅アップの要因とみられ、市企画課では来年度も一層PRに努めるとしている。
 おととし12月からインターネットでの受け付けをスタートさせ、2016年度は3948件、4806万5000円だったが、本年度は年間通してネット受け付けできたこと、返礼品の出品がスタート時の13事業所の32品目から現在は25事業所の177品目に充実したことが大幅アップにつながった。
 3月16日現在の寄付件数は6184件、寄付額は1億26万7008円となり、初の大台を達成。返礼品は寄付件数、寄付額とも1位はイチゴ。寄付件数2位はフルーツセット、3位柑橘類、4位野菜・果物セット、5位毛皮で、上位4位の果物と野菜で全体の3分の1を占めた。寄付額2位は毛皮、3位フルーツセット、4位柑橘類、5位スイカでフルーツ以外では毛皮が人気だったことを顕著に表している。
 寄付額は1万円が全体の87・3%を占めてダントツに多かった。最高額は50万円で2件あり、ともに返礼品は北出病院のプレミアム人間ドックだった。寄付者の地域割合は、東京が全体の28%でトップ。以下は神奈川10%、大阪9・6%、愛知7・1%、兵庫6・1%と続いた。
 インターネットは「ふるさとチョイス」とふるさとチョイス運営の「ふるまる」、「楽天」で受け付けており、寄付額は「ふるさとチョイス(ふるまる含む)」1565件、3228万2008円、「楽天」は4584件、6560万5000円。市に直接申し込みは35件、238万円。新年度からはさらに大手ポータルサイトの「さとふる」を追加し、4社体制に増やすことから、さらに寄付額アップが期待されている。
 市企画課では「出品事業者をはじめ多くの皆さんの協力で1億円の寄付をいただけたことに感謝。納税をきっかけに御坊・日高に興味を持ってもらうことができた。今後もふるさとの魅力発信につなげていきたい」。出品事業者は随時募集しており、「初期費用もかかりませんので、ネット販売を試してみたい事業者は気軽に連絡してください」と呼びかけている。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る