和歌山高専で卒業式

 和歌山高専(角田範義校長)は17日、卒業式を行い、4学科141人が新たな人生の一歩を踏み出した。
 各学科の代表者に卒業証書を授与した後、角田校長が式辞。「これまで学んだ工学という専門の背骨・バックボーンに、これから皆さんが自分自身で肉付けをする番。高専の実践的な教育を受けた技術者の活躍の場は、目の前に開かれている」とエールを送った。
 卒業生答辞では環境都市工学科の落合壮太さんが、「5年間、楽しいことだけではなくて心が折れそうになることもあったが、仲間と共に乗り越え、成長することができた。これから胸を張って自分たちの選んだ道を進んでいこうと思う」と決意を述べた。
 あわせて修了証書授与式も行い、専攻科の2年間を終えた20人に証書を贈った。

関連記事

フォトニュース

  1. 昭和に包まれてインスタ映え

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る