アンサンブル「tweet」が全国大会へ

 第4回県ヴォーカルアンサンブルコンテスト(県合唱連盟主催)が4日、和歌山市の県立図書館内のメディア・アート・ホールで開かれ、一般の部で日高地方の女性でつくる「tweet」が3位入賞。全国出場希望団体の中では最上位に入り、3月24日に福島市で開かれる「声楽アンサンブルコンテスト全国大会」の出場を決めた。
 一般の部には13団体が出場。tweetは印南町のママさんコーラスグループ「コア・ブレーメン」を指導する早田和さん(59)=印南町=がアンサンブルコンテストのために御坊市、由良町、美浜町、印南町、みなべ町の20~70代のコーラス経験者に声をかけて、昨年8月に結成した9人のグループ。小鳥のさえずり(tweet)のように心地良いアンサンブルを目指して、毎週練習に励んできた。
 当日は唯一のレパートリーである「あなたに」(みなづきみのり作詞、高嶋みどり作曲)で挑み、メンバーたちののびのびとした歌声を会場いっぱいに響かせ、見事3位に入った。早田さんは「皆さん気持ちよくうたえていましたが、全国出場を決めることができて驚いています。全国に向けては練習量を増やし、いまよりパートのバランスや流れを安定させてうたえるようにしたいです」と話している。
 日高地方からは混声合唱団アンサンブル響香(宮本太源代表)も4位と健闘した。両グループのメンバーは次の皆さん。
 tweet=早田和(指揮)、早田咲(ピアノ)、原千恵、久保井千代、橋本明音、坂口明子、爰川依子、古田朗子、碇英子
 アンサンブル響香=宮本太源(指揮)、尾上三枝、小畑浩子、坂口知美、武内千里、後藤朋子、寺井ゆかり、野村恭子、原里枝、瀧脇美和、中田昌子、三池佳代子、西井順子、青木覚史、瀬口一真、宮本久生、三浦嘉夫、寒川優作、三池勝一

関連記事

フォトニュース

  1. あ、こんなとこにもいてる!

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る