日高普通科は6人オーバー

 県教委は26日、2018年度公立高校の一般出願状況を発表した。日高地方では昨年より定員を40人増やして200人となった日高普通が206人で6人オーバー(1・03倍)、同じく定員を40人増やした紀央館普通は160人に対し154人で6人の定員割れ(0・96倍)、南部普通は120人に対し115人で5人の定員割れ(0・96倍)だった。
 県立全日制は29校4分校の63学科・コースに6187人(スポーツ推薦含む)が出願。全体の倍率は0・94倍で試験制度が大幅に変わった09年度以降で最低となった。
 日高地方の全日制3校2分校7学科(日高総合科学を除く)は、入学者枠718人に対し、636人が出願し、全体倍率は0・88倍。前年度より出願者数が91人増加した。
 定員オーバーは日高普通と2人オーバーの紀央館工業技術のみ。ほかはいずれも定員割れだが、南部普通は前年の一般出願と比べて約30人の増加となった。周辺では田辺が20人オーバー、耐久が57人の大幅な定員割れとなっている。日高定時制は出願者9人で31人の定員割れとなった。
 受験生は今後、今回の一般出願状況を受けて、3月5、6日の本出願で志望先を変更することができる。前年度の傾向では全体的に一般で大幅な定員オーバーの学科は減少、定員割れの学科は増加している。
 学力検査は12日、面接・実技検査が13日、合格発表が20日となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 藤娘がお出迎え

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. mihamaこもれびマルシェ

    4月 21 @ 11:00 AM - 3:00 PM
  3. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  4. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る