日高普通科は6人オーバー

 県教委は26日、2018年度公立高校の一般出願状況を発表した。日高地方では昨年より定員を40人増やして200人となった日高普通が206人で6人オーバー(1・03倍)、同じく定員を40人増やした紀央館普通は160人に対し154人で6人の定員割れ(0・96倍)、南部普通は120人に対し115人で5人の定員割れ(0・96倍)だった。
 県立全日制は29校4分校の63学科・コースに6187人(スポーツ推薦含む)が出願。全体の倍率は0・94倍で試験制度が大幅に変わった09年度以降で最低となった。
 日高地方の全日制3校2分校7学科(日高総合科学を除く)は、入学者枠718人に対し、636人が出願し、全体倍率は0・88倍。前年度より出願者数が91人増加した。
 定員オーバーは日高普通と2人オーバーの紀央館工業技術のみ。ほかはいずれも定員割れだが、南部普通は前年の一般出願と比べて約30人の増加となった。周辺では田辺が20人オーバー、耐久が57人の大幅な定員割れとなっている。日高定時制は出願者9人で31人の定員割れとなった。
 受験生は今後、今回の一般出願状況を受けて、3月5、6日の本出願で志望先を変更することができる。前年度の傾向では全体的に一般で大幅な定員オーバーの学科は減少、定員割れの学科は増加している。
 学力検査は12日、面接・実技検査が13日、合格発表が20日となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 私の体験を知ってもらえれば

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る