御坊の認知症施策 警察庁も注目

 厚生労働省の本年度事業「認知症の本人の視点に立って暮らしやすい地域を一緒につくろう」の全国報告会が26日に東京の健康長寿医療センターで開かれ、御坊市が1年間取り組んできたアクションミーティングの成果を発表した。
 同事業に参画している和歌山県と福島県が取り組みを報告。和歌山県からは御坊市と有田圏域の2地域が参加した。
 御坊市からは介護福祉課の谷口泰之さんと丸山雅史さん、認知症対応型デイサービスあがら花まるの玉置徹也さん、在宅介護センター名田・塩屋の村上玲さんの4人が出席。「病院を受診したときに必要なサポート体制」と「車を運転しない生活に導いたアクション」の2つの事例を紹介。病院スタッフも巻き込んで認知症の本人が安心して受診できる体制をつくるにはどうしたらいいかを検討したこと、車を運転しなくても生活できるようデイサービスを楽しく利用できる仕組みを構築したことを写真を交えて報告した。谷口さんは「本人の思いに寄り添って取り組んでいることが出席者から評価されてよかった。運転しない生活に導いた取り組みは警察庁からも注目されていて、高い関心を持ってもらえた。これからも本人視点の支援を継続していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る