御坊の八ッ房 サバ三昧弁当販売へ

 3月8日のサバの日に合わせ、御坊市湯川町丸山、紀州なれずし「八ッ房」(津村孝房代表)がサバをふんだんに使ったオリジナルのサバ三昧弁当「鯖ばっかい」を考案。3月3日から11日まで380円(税込)で販売する。
 御坊を盛り上げようとグッズ販売など相互に協力している御坊市の紀州鉄道社員から一般目線でアドバイスも受け、試行錯誤を繰り返して7種類の寿司を1パックにした。ネーミングの「ばっかい」は「ばっかり」の御坊弁から名付けた。
 全ての寿司にサバを使っており、秘伝のたれに漬けた焼きサバと、しめサバのにぎり、バッテラ、早なれ寿司、高菜包み、サバの巻き寿司、焼きサバをほぐしてシャリと混ぜ合わせて玉子を乗せたにぎりの7種類。一つ一つ味が違って見た目もきれいに仕上がった。値段もサバの語呂合わせで設定しており、特別価格の提供となる。
 紀州鉄道とコラボした「紀州鉄道弁当」も今後開発していく。津村さんと二女の記代さんは「なれ寿司だけではなく、いろんな寿司を楽しんでもらえますので、ぜひ食べてください」とPRしている。店頭販売のみ。予約等は同店℡0738㉒7793。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る