みなべで全国梅サミット

 第23回全国梅サミットは16・17日にみなべ町の紀州南部ロイヤルホテルなどで開かれ、観梅どころ13市町が交流を深めた。首長会議では「UME観光と産業振興」をテーマに意見交換し、参加市町からインバウンド誘致対策や梅を使った商品開発などの取り組みが発表された。みなべ町の小谷芳正町長は「日本国内では消費が頭打ちの感があり、世界に売っていきたい」と述べた。
 観梅時期に加盟13市町が持ち回りで開催しており、同町での開催は2007年2月以来11年ぶりとなった。
 首長会議では各市町が取り組みを発表。増加しているインバウンドの誘客に力を入れている市町も多く、「無線LANを各施設に設置」「多言語による表記案内などに取り組んでいる」という事例が紹介された。東京都青梅市は「外国人への対応が必要となっている」、神奈川県湯河原町は「花を楽しむ文化を外国人にどう説明したらいいのか」と課題を挙げる声もあった。梅を使った商品開発では、福岡県太宰府市は「土産物産業を起こそうと、地元の高校生と企業が共同開発に取り組み、梅の菓子や飲料をつくった。地域産業の振興にも生かされている」と紹介した。このほか、神奈川県小田原市からは「桜前線のように、『早春を告げる花』として梅を発信していけないだろうか。また、梅の健康効果を加盟13市町が共同でPRしてはどうか」と提案する声も上がった。小谷町長は「シンガポールの有名パティシエに梅でデザートをつくってもらい、今月初めに試食もした。梅の概念が変わり、いままでの梅干しおにぎりのようなイメージとは違った感覚。和食だけでなくフランス料理、中華料理、イタリア料理などいろんな形で世界にPRしていければと思う。健康食品だけでなく美容にもよく、体内脂肪を減らす効果もある。加盟の13市町で世界に梅を売っていきたい」と発表した。このあとレセプションが催され、みなべ炭琴クラブが舞台で演奏を披露した。2日目にはうめ振興館、奥みなべ梅林、紀州備長炭製炭窯、県うめ研究所を訪れ、現地視察した。次期の開催は東京都青梅市。みなべ町を除く加盟市町は次の通り。
 東京都青梅市、静岡県伊豆市、静岡県熱海市、奈良県奈良市、茨城県水戸市、群馬県安中市、埼玉県越生町、愛知県知多市、福井県若狭町、神奈川県小田原市、福岡県太宰府市、神奈川県湯河原町

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る